#TOP

競輪・競艇

初心者の為の競輪・競艇入門

競艇場について

 ・競艇場は全国に24場。最北端は群馬県の桐生競艇場、最南端は長崎県の大村競艇場。どの競艇場でも1ヶ月のうち半数近くの日に競艇が開催されている。
1日のレース数は12R制がほとんどで、年間トータルでは5万レース近くが行われている計算になる。

 <競艇のルールはモーターボート競走法>
 ・水の上は陸上と違ってラインを引くことができない。
  風の影響や水の流れによって、ボートを水上の同じ位置に止めておくこともできない。
  そのため、「モーターボート競走法」という競艇独自のルールがある。

 <競艇場には東京ドームが6杯入る>
 ・競走水面は、タテ75メートル以上、ヨコ440メートル以上、33,000平方メートル以上の広大な水面を必要とする。
  湖を利用したり、河川、海を仕切ったところもある。
  さらにレース場の種類も淡水レース場と海水レース場に分かれ、人口湖や湖、河川と細分化される。

 <スタートゴールの判定は?>
 ・ラインを引けない水上で、どうやってフライングスタート法の判定やゴールの判定を行っているのかというと、「電子スリット」という判定装置を用いているのである。
  スタートとゴールの地点は同一である。

競輪・競艇 オススメブログ

投稿日時 ブログ記事タイトル ブログタイトル

競輪・競艇 オススメサイト

  • 競輪・競艇
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る