#TOP

競輪・競艇

全国競艇場情報

徳山競艇場

特徴

周南市(旧徳山市)の南部・粭島への入口にある。瀬戸内海に面し、笠戸湾の奥深くに位置している。水質は海水。太華山の麓に位置し、風の影響を受けやすい。 設備としては、対岸の大型映像装置がない。これは江戸川競艇場との本場の2場のみ。また、中央スタンドは現在閉鎖されており、イベントなどのメインで使われるのは東スタンドである。

詳細情報
住所 山口県周南市大字栗屋字二葉屋開作1033
コース情報
水面 笠戸湾(瀬戸内海)
水質 海水
モーター 減音 (ヤマト301型)

主要開催競走

周年記念競走(GI)として「徳山クラウン争奪戦」が、企業杯(GIII)として「大塚SOYJOYカップ」が行なわれている。女子リーグ戦の名称は九州スポーツ杯、新鋭リーグ戦の名称はスポーツニッポン杯。1954年に第2回全日本選手権が開催されたことがある(勝者・松尾勝)。一方で、全国発売のGIである「新鋭王座決定戦」「女子王座決定戦」「競艇名人戦」は全て徳山での開催実績がある。このほか一般戦として、正月に「お正月特選レース」、ゴールデンウィークに「菖蒲の大賞典」、お盆に「真夏の覇者決定戦」が行なわれている。

交通情報
  • 櫛ケ浜駅からバスで約5分
  • 徳山駅から車で15分
  • 下松駅からバスで約10分(最寄のバス停は防長交通の競艇場入口であるが、徳山駅・下松駅・櫛ケ浜駅より無料送迎バス・タクシーも出ている。)
  • 山陽自動車道徳山東ICから車で15分

競輪・競艇 オススメブログ

投稿日時 ブログ記事タイトル ブログタイトル

競輪・競艇 オススメサイト

  • 競輪・競艇
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る