#TOP

競輪・競艇

全国競艇場情報

大村競艇場

特徴

正式な名称は「大村市モーターボート競走場」である。日本最南端かつ最西端の競艇場。1952年4月、ここで競艇競走が正式に始まった。初開催のコースはとても広かったため、フライングや出遅れ、失格が多く、2日目からはレースコースを狭くして行われた。なお、現在でも初開催時の告知看板が場内に展示されている。

詳細情報
住所 長崎県大村市玖島一丁目15-1
コース情報
水面 大村湾
水質 海水
モーター 減音(ヤマト301型・大型吸気サイレンサー)

主要開催競走

周年記念競走GIは「海の王者決定戦」である。また、GII競走として競艇発祥の地とされる大村で「競艇祭」が開催される。
企業杯(GIII)としてはアサヒビール杯が行われる。新鋭リーグ戦はスポニチ杯。女子リーグ戦は蛭子能収杯。
正月には新春特選レース、GWレースはGW特選レース、お盆はお盆特選レースが行われる。

交通情報
  • 長崎空港からタクシーで15分
  • 長崎自動車道大村ICから15分
  • 大草港、時津港、長与港から無料連絡船運航
  • 長崎、佐世保、佐賀、鹿島、島原、有家、諫早、県界(旧小長井町)から無料バス運行。
  • 大村市内シャトルバス運行
  • 大村駅から無料タクシー運行

競輪・競艇 オススメブログ

投稿日時 ブログ記事タイトル ブログタイトル

競輪・競艇 オススメサイト

  • 競輪・競艇
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る