#TOP

競輪・競艇

全国競艇場情報

平和島競艇場

特徴

大森競走場(おおもりきょうそうじょう)として1954年6月5日に東京都主催で開催されたのが最初である。 現在の施設所有者は京浜急行電鉄(京急)グループの京急開発株式会社である。立地条件および利用者数の観点からかつては「東のメッカ」と呼ばれたこともあり(全国的な「メッカ」は住之江競艇場)、その証しとして1991年と2000年には賞金王決定戦競走が開催された。SGの開催回数は30回と全競艇場の中で第2位の回数を誇り3月の競艇SG開幕戦として開催されている総理大臣杯競走と11月に開催される競艇SGの中で現在、一番新しい大会として開催されている競艇王チャレンジカップの2つは共に記念すべき第1回大会が此処で開催された(第1位は住之江競艇場で60回)。

詳細情報
住所 東京都大田区平和島1-1-1
コース情報
水面 平和島運河
水質 海水
モーター 減音 (ヤマト301型)

主要開催競走

春前に開催される総理大臣杯競走は開催数が12回と多く、ファン等からは「総理杯は平和島・平和島は総理杯」や「春は平和島」、更には「平和島から全てが始まる」と言う様な代名詞が付く程にまでに成長した。 周年記念 (GI) の名称はトーキョー・ベイ・カップであり、マスコットは鯨のP☆STAR(ピースター)である。SGの開催時には、来場客の先着者に競艇の専門予想紙を配布するというサービスを現在行っている。 企業杯 (GIII) としてキリンカップが行われている。 正月には東京ダービー、ゴールデンウィークには京急電鉄社長杯(2008年までは京浜急行社長杯)、お盆にはデイリースポーツサマーカップが行われている。

交通情報
  • 京浜急行バス
  • 京急平和島駅から無料送迎バス
  • JR大森駅・京急大森海岸駅から無料送迎バス
  • JR大井町駅から路線バス(有料)

競輪・競艇 オススメブログ

投稿日時 ブログ記事タイトル ブログタイトル

競輪・競艇 オススメサイト

  • 競輪・競艇
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る